浦安市民が体験した東日本大震災

浦安震災アーカイブでは、あの日のありのままを後世に伝えるため、市民の方々に体験を語っていただきました。平成27年の3月から5月にかけ、図書館で呼びかけ、応じていただいた約100人分の体験が、ここに収録されています。

年齢も、お住まいも、被害の内容もそれぞれですが、それだけに、あの日を挟んで「ありのまま」の暮らしがどのようなものであったかが、浮かび上がってきます。

それぞれの体験を通じて、今後の防災・減災に役に立つことを願います。

 

インタビューには様々な方が応じてくださいました。

中には、市内のサッカーチーム「ブリオベッカ」の皆さんも。お許しを得て、写真とお名前付きで掲載します。

ブリオベッカ理事 谷口和司様 体験談その1 その2

ブリオベッカ選手 都並智也様 体験談その1 その2

ブリオベッカ選手 富塚隼様 体験談その1 その2

(所属は当時)

P1080837

P1080839 (2)

P1080841

また、浦安鐵鋼団地協同組合様からも、当時の貴重な証言をいただいています。

鐵鋼団地の方の証言はこちら

その1 

その2  

その3

体験談の一覧はこちら